Talkatone  

Talkatoneはアメリカの固有番号が取得できるIP電話サービスである。

取得できるアメリカの電話番号は自分で選ぶことはできず、自動的に決まる。本稿を執筆時にはアメリカのフロリダ州の電話番号「863」が選択された。

過去はGoogleVoiceのクライアントとして利用することができたため、その時のほうが相対的に有名であった。現在はGoogleの仕様変更のため、GoogleVoiceを収容することはできず、単体のアプリ及びサービスとして利用する。

 

Talkatoneを利用する際は必ずアメリカの固有電話番号を取得するのだが、これはTalkatoneアプリをインストールして画面の指示に従っていけば問題ない。

利用には6ヶ月で1ドル課金する必要がある。なお、説明ではこの1ドルが60クレジット(1クレジット=0.02ドル)とセットになっているような記載があるが、これは通話に使えるクレジットではないため注意が必要である。

ここで取得したクレジット(free credits)は通常使えるクレジット(paid credits)とは別管理される。「free credits」は通話には使えないため、通話をする場合は別途クレジットを購入する必要がある。これが「paid credits」となる。

説明ではすべて無料で使えるようにアピールされているが、Talkatoneを利用し始めるには前述のとおり実質2ドルの課金を要する。

 

使う機会はあまり考えられないが、課金オプションも用意されている。2オプション存在し、一つは4.99ドル/月で米国かけ放題、もう一つは12.99ドル/月で国際電話1000分というものである。

料金  

  • 課金方法:クレジットカード、GooglePlay、App Store
  • 月額:
  • 初期費用:0円
発信先通話料(税抜)接続料
30秒1分3分(1通話毎)
国内固定電話
携帯電話
PHS
国際電話アメリカ
中国
タイ
フィリピン
インドネシア
 
 

< 外国為替変換スクリプト利用 >

 

無料通話先  

  • Talkatone同士

仕様  

  • グループ通話:不可
  • SMS:対応
  • 発信者番号通知:対応(アメリカの固定電話番号)
  • ビデオ通話:不可
  • グループビデオ通話:不可
  • 転送電話:不可
  • 対応コーデック:不明
  • 対応OS:Android、iOS

通話品質  

音声通話の品質は音質自体はクリアであるが遅延が大きい。

特に相手から自分への音声がかなり遅れて聞こえる。相槌を打つタイミングを早めれば、会話に違和感は少なくなるが、やはり話しにくい。

また、相手から自分程ではないが、自分から相手へ通じる声も遅れる。

遅延時間と音質  

音質については、使われているコーデックやアプリ、サービスのスタンスによってかなり異なってくる。そのため、これを言葉で表現することが難しい。

そこで、音質については5段階評価(5が最も良い)で示すこととする。なお、これは音のキレイさではなく、聞き取りやすさを基準とする。

 
通話方向遅延時間音質
自分 → 相手0.7秒3
相手 → 自分1秒

備考  

Talkatone公式サイト

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-20 (火) 05:30:00 (1513d)