Qtalk  

高音質で低遅延のIP電話サービス。 ただ、IP電話サービスといって良いのかわからないぐらい、余分なサービスも多い。

発信した相手には050番号が通知されるのだが、それにかけ直しても自分には着信しない。自分専用の050番号を取得するためには「300円/月」の料金が発生する。

 

通話には専用アプリを用いるが、わかりにくいUIであり、さらには非常に不安定である。使える環境の方が少ないのではなかろうか。

もしかすると、執筆時点(2015年10月)ではAndroid5に対応していないのかもしれない。Android4で試したところアプリは安定し、通話も良好であった。だが、Wi-FiではNAT問題がクリア出来ていないなど、結局のところはアプリがサービス全体の足を引っ張っている。

 

ただし、使えさえすれば、前述のとおりかなり高性能ではある。まずは登録すると100ポイントの無料通話分が付くため、それを利用して使えるかどうかを確認すべきである。

料金  

課金方法:クレジットカード、PayPal、コンビニ決済、銀行振込など、(プリペイド方式)

初期費用:0円

月額:300円

発信先通話料(税抜)接続料
30秒1分3分(1通話毎)
国内固定電話3円
携帯電話14円
PHS
国際電話アメリカ2円
中国3円
タイ4円
フィリピン19円
インドネシア4円

無料通話先  

Qtalk同士のみ。

仕様  

対応コーデック:不明

留守電:非対応

転送電話:対応

SIPクライアント:Qtalk

通話品質  

通話品質  

遅延も少なく非常に高音質。ただ、試験ではNAT越えがうまく行かず相手からの音声が届かなかった。専用アプリではこの辺りの設定がないため、ここで試験を中断する。

冒頭にも記載したが、SIPサーバの性能は悪くないのだが、アプリが貧弱すぎてそれを活かせていない。

検証方法  

検証方法  

通話品質の検証はPHSとの通話で行っている。 こうすることで実際の使用環境に近づくとともに、PHSのADPCMの特性により、音質の検証が正確になる。

 

音質については、使われているコーデックやアプリ、サービスのスタンスによってかなり異なってくる。そのため、これを言葉で表現することが難しい。

そこで、音質は5段階評価(5が最も良い)で示す。なお、これは音のキレイさではなく、聞き取りやすさを基準とする。

遅延時間と音質  

遅延時間と音質  

  • 専用アプリ(QTalk)を使った場合
    通話方向遅延時間音質
    自分 → 相手0.25秒5
    相手 → 自分
 

推奨コーデック  

推奨コーデック  

専用アプリのため、コーデックは選択できず。

備考  

Qtalk公式サイト

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-25 (日) 04:44:06 (1508d)