LaLa Call  

LaLa Callは、ケイ・オプティコムが提供する050IP電話サービスである。

近畿2府4県及び福井県への発信が、他事業者に比べ安く設定されているのが特徴。 それ以外の価格設定は他事業者と同等であるが、特筆すべきは音声コーデックにある。

LaLa CallはG.729に対応している。「G.729a」ではなく、「G.729」であることが重要。 この恩恵で、低帯域でも高音質な通話が可能となっている。

なお、ケイ・オプティコム提供のインターネット接続サービス「eo光」や、MVNO「mineo」の利用者は月額利用料が無料となる。

料金  

課金方法:クレジットカード

初期費用:0円

月額:100円

発信先通話料(税抜)接続料
30秒1分3分(1通話毎)
国内固定電話近畿2府4県
及び福井県
7.4円
上記以外8円
携帯電話18円
PHS20円
国際電話アメリカ6円
中国28円
タイ44円
フィリピン34円
インドネシア44円

無料通話先  

提供事業者電話番号
KDDI
[KDDI-IP電話、ひかりone電話サービス BIGLOBEフォン(KD)、@niftyフォン-Kなど]
050-2525-****
050-3001-**** ~ 050-3015-****
050-3017-**** ~ 050-3031-****
050-3034-**** ~ 050-3065-****
050-3067-**** ~ 050-3084-****
050-3086-**** ~ 050-3100-****
050-3102-**** ~ 050-3115-****
050-3117-**** ~ 050-3130-****
050-5203-****
050-5206-****
050-5209-****
050-6000-****
アイテック阪急阪神050-5004-**** ~ 050-5007-****
050-5200-**** ~ 050-5202-****
050-5204-**** ~ 050-5205-****
050-5207-**** ~ 050-5208-****
050-7000-**** ~ 050-7001-****
フュージョン・コミュニケーションズ
[FUSION IP-Phone、DTIフォン-FC、POINT Phone select、BIGLOBEフォン(FC)、MEGAEGG IPフォン、エネルギア・IPフォン、HTNet-IPフォンなど]
050-5210-**** ~ 050-5345-****
050-5500-**** ~ 050-5539-****
050-5570-**** ~ 050-5599-****
050-5777-**** ~ 050-5899-****
050-8000-**** ~ 050-8007-****
050-8009-**** ~ 050-8014-****
050-8016-****
050-8019-**** ~ 050-8022-****
050-8026-**** ~ 050-8027-****
050-8030-**** ~ 050-8031-****
050-8034-**** ~ 050-8038-****
050-8864-**** ~ 050-8866-****
九州通信ネットワーク
[BBIQ光電話050など]
050-6619-**** ~ 050-6622-****
中部テレコミュニケーション
[コミュファはなしてフォンなど]
050-7770-**** ~ 050-7779-****
東北インテリジェント通信
[トークIPフォンなど]
050-7788-****
エネルギア・コミュニケーションズ
[MEGAEGG光電話など]
050-8008-****
050-8015-****
050-8017-**** ~ 050-8018-****
050-8023-**** ~ 050-8025-****
050-8028-**** ~ 050-8029-****
050-8032-**** ~ 050-8033-****
050-8200-**** ~ 050-8203-****
STNet
[フォーユーコールなど]
050-8800-**** ~ 050-8810-****

仕様  

対応コーデック:G.729

留守電:対応

転送電話:対応

SIPクライアント:LaLa Call(公式アプリ)

通話品質  

標準的なIP電話といった感じで、可もなく不可もなくといった音質である。音質から想像するに、このアプリはノイズリダクション処理を一切行っていない。敢えて言うとこれが特徴だろうか。

良質のアプリを使うと、ノイズリダクション機能により環境ノイズはキレイに除去される。だが、LaLa Callはこれを敢えて行わず、ありのままの音声を伝えようとしているように感じられた。なお、送受信とも音量がかなり大きいため、IP電話に良くある「音量が小さくて聞き取れない」と言った心配は無用である。

 

邪推すると、下手なノイズリダクション処理は音質を非常に劣化させるため、これを行うぐらいならいっそのこと何もしない・・・もしくは何もできない(技術力の不足)ということも考えられる。無理に背伸びして失敗するよりも、その分音量を上げて人間にそれを委ねると言った、割りきったスタンスかも知れない。それはそれで「有り」である。

検証方法  

通話品質の検証はPHSとの通話で行っている。 こうすることで実際の使用環境に近づくとともに、PHSのADPCMの特性により、音質の検証が正確になる。

 

音質については、使われているコーデックやアプリ、サービスのスタンスによってかなり異なってくる。そのため、これを言葉で表現することが難しい。

そこで、音質は5段階評価(5が最も良い)で示す。なお、これは音のキレイさではなく、聞き取りやすさを基準とする。

遅延時間と音質  

  • 専用アプリ(LaLa Call)を使った場合
    通話方向遅延時間音質
    自分 → 相手0.40秒3
    相手 → 自分0.50秒
 

推奨コーデック  

専用アプリのため、コーデックは選択できず。

備考  

LaLa Call公式サイト

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-25 (日) 05:00:47 (1508d)