ブラステル(050 Free)  

通話における基本性能が高く、非常に低遅延であるため、高品質な音声通話が可能である。

月額費用は無料、プリペイドで利用すれば個人情報の入力も不要、通話料も数あるIP電話の中で最安値を誇る。(正確には2番目。※)

発信時にガイダンスが流れることもブラステルの特徴と言える。これを煩わしいと捉えるか、便利と捉えるかは人それぞれである。なお、ガイダンスは以下文言である。

「○○○分、通話できます。ブラステルのご利用ありがとうございます。このまましばらくお待ちください。」

○○○は接続先の通話料金から換算された時間であり、固定電話や携帯、海外などそれぞれの場合で時間は変化する。また、ガイダンスがすべて流れてから発信されるわけではなく「ブラステルのご利用」あたりの部分で、すでに発信状態となっているため、ロスタイムは少ない。

なお、当然の事ながらこのガイダンスが相手に流れることはない。

 

※) 本当の最安値は050NetCallとなる。

携帯電話への発信においてブラステルは 5.5円/30秒 のところ、050NetCall は 10.5円/1分 となる。ブラステルを1分に換算すると 11円/1分 となるため 0.5円/分 だけブラステルのほうが高いということになる。

しかし、050NetCallは月額基本料金が300円かかるため、0.5円の差で月額300円分を埋めるためには10時間分の通話が必要となる。そのため前述ではブラステルを「最安値」と表現した。

料金  

課金方法:現金・クレジットカード (プリペイド方式)

初期費用:0円

月額:0円

発信先通話料(税抜)接続料
30秒1分3分(1通話毎)
国内固定電話8円
携帯電話5.5円
PHS
国際電話アメリカ3.99円
中国4.33円
タイ4.33円
フィリピン10円
インドネシア6円

無料通話先  

ブラステル同士のみ。

仕様  

対応コーデック:G.711u , G.729a(発信時のみ対応) , GSM

留守電:非対応

転送電話:対応

SIPクライアント:050Free(公式アプリ)、その他汎用SIPクライアントに対応

通話品質  

公式アプリ「050Free」を使った場合と、汎用SIPクライアント「Zoiper」を使った場合とで音質はかなり異なる。

050Freeを使うと通話の始まり部分が若干弱く、もたつきを感じることもあるが通話から3秒も経過すれば通常の状態となる。一方、Zoiperを使うと、通話の始まりでももたつきは少なくなり、音質も向上する。

 

音質については、良くも悪くも「ブラステルらしい」印象を受ける。特段サーバ側でのノイズ除去やエコー除去は行っておらず、素の音質がそのまま相手に伝わる。

なお、発信時のみ G.729a が使える(着信時には使えない)。 G.729a を用いると若干の音質低下は避けられないが、安定した通話が可能となる。

検証方法  

通話品質の検証はPHSとの通話で行っている。 こうすることで実際の使用環境に近づくとともに、PHSのADPCMの特性により、音質の検証が正確になる。

 

音質については、使われているコーデックやアプリ、サービスのスタンスによってかなり異なってくる。そのため、これを言葉で表現することが難しい。

そこで、音質は5段階評価(5が最も良い)で示す。なお、これは音のキレイさではなく、聞き取りやすさを基準とする。

遅延時間と音質  

  • 専用アプリ(050 Free)を使った場合
    通話方向遅延時間音質
    自分 → 相手0.30秒3
    相手 → 自分0.40秒
 
  • 汎用アプリ(Zoiper)を使った場合
    通話方向遅延時間音質
    自分 → 相手0.25秒5
    相手 → 自分0.45秒

推奨コーデック  

  • Wi-Fi接続時:G.711u
  • 3G/LTE接続時:G.711u もしくは G.729a(発信時のみ)
 

ブラステルは対応コーデックが少ないため、基本的には G.711u での利用となる。 だが、モバイルネットワーク環境では低帯域でも性能を発揮できる G.729a を利用しても良い。 ただし、G.729a の利用には制限があり、発信時にしか使えない。そのため、G.729a を用いる場合においても、サブコーデックとして G.711u か GSM を選んでおく必要がある。そうしないと着信時にエラーが出て通話できない。

備考  

ブラステル公式サイト

  • 初期費用ゼロ、月額料金ゼロ、転送電話あり、留守電は無し
  • 対携帯通話の課金単位は30秒毎(5.5円/30秒・税抜)
  • 対固定電話の課金単位は3分毎(8円/3分・税抜)
  • 加入に際し、個人情報の提示は不要
  • 個人情報を提示しユーザ登録をすると、ブラステルカードの再発行が可能
  • ブラステル番号同士の通話は無料
  • 発信時に通話可能時間のアナウンスがあるが、**(アスタリスク2回)でスキップ可能
  • 現金・クレジットカード・デビットカードでプリペイド支払いができる
  • プリペイド入金単位は代理店・クレカ・デビカで500円~
  • コンビニ払いのプリペイド入金単位は、コンビニのスマートピットで2000/5000/10000円毎
  • スマートピットで5000円入金すると150円分、10000円だと500円分のボーナス通話付
  • スマートピットは3か月入金がないと自動オフになるので、Webからオンにする
  • クレジットカードならオートチャージが可能(500円~ デビカはオートチャージ不可)
  • 050番号発行時に、SMS受信可能な携帯電話が必要
  • SMSが受信不可能な場合は、サポートにメールもしくは電話で相談
  • 050番号発行は未入金の時点で可能
  • フリーダイヤル、ブラステル番号に対しては、未入金(残高ゼロ)でも発信可能
  • 大部分のフリーダイヤルに掛けられるが、フリーダイヤルに対しては非通知で発信する仕様
  • 通話品質確認用のテストコール番号がある 050-6868-0000 (ブラステルから未入金で通話可)
  • 残高を他のユーザーに送れる(トランスファー)機能があるが、クレカ入金分は不可能
  • ブラステルカードの有効期限は、最終利用日または最終入金日より1年間と明記あり
  • SIP登録後は無期限との表記もあり、現在の時点では不明確

050開通までの手順  

(1) ファミマ・ミニストップ・サークルKサンクス等でブラステルカードを入手

表面http://2.bp.blogspot.com/-4SrqU4p7YWs/VhLdoUCcdUI/AAAAAAAA9vA/hxf80R6mTJQ/s200/brastel1.jpg
裏面 新タイプhttp://1.bp.blogspot.com/-BuTAsWs7RPc/VhLdoUFBsDI/AAAAAAAA9u4/r_Da7GaW_bY/s200/brastel2.jpg
裏面 旧タイプhttp://4.bp.blogspot.com/-3l1nHcRwTu8/VhLdoWNFEWI/AAAAAAAA9u8/zLtzBwHKegY/s200/brastel3.jpg

(新タイプには、IDとPINコードのみがあり、パスワード記載がない)

★店頭にカードが無く、入手出来ない場合★

http://www.brastel.com/Pages/jpn/spc/SPC_ApplyForm.html からカード送付申し込み

支払設定金額はそのままでOK、ブラステル代理店もしくはクレカで500円から入金可能

(2) 公式ページ http://www.brastel.com/pages/jpn/home/ にてログイン

ログインは、ブラステルカードに書いてあるIDとPIN番号にて行う

SIPアカウントを登録、自分の携帯番号を入力して050番号の発行手続きを行う

SMSが送信されるので、受信したコード番号を入力して認証、050番号を取得する

この際、8桁のパスワードが発行されているので、メモをとっておく

(3) 050free 等、対応アプリをGoogle Playもしくはアップルストアからダウンロード、インストール、起動

ID、および8桁のパスワードを入力して設定する

★注意★ パスワード欄に4桁のPIN番号を入れないこと、接続ができない

(4) 050freeから発信して、正しく設定できているか確認する

(5) 無事完了

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-11-20 (金) 07:30:07 (1482d)